サオリのブログ!

お気持ち表明

ゼミ選びについて。

  

はじめまして、商学部商学科三年生 森田ゼミに所属している豊原早織です。

 

ゼミ相談の期間が始まりましたね、というわけで今回は2年生に向けて記事を書きたいと思います。

とはいっても、森田ゼミのこんなところが素晴らしい!とか、他にこんなゼミも素敵だよ!っていう記事は他の人や過去の先輩方が書いてくれているので

 

なぜ、ゼミに入るのか?

ということについて書きます。

 

それでは本題に入ります。

皆さんはゼミに入りたいと思いますか?

また、なぜゼミに入ろうと思ったのでしょうか

福岡大学商学部ではゼミに入らずとも、規定の単位数を満たせば卒業することが可能です。

ゼミにはいるということは2年生から残りの学生生活をそこで過ごすということ、そして4年生になったら集大成として卒論を書く ということです。

卒論は6単位ありますし、ゼミも2年間で4単位

計10単位、そして学生生活の半分を人質にとると言っても過言ではありません。

 

 

…この書き方すっごいネガティブですね🥺ごめんなさい。(私はゼミに入ってよかった!!と思っています🤗✨)

 

つまり何が言いたいかというと、学生生活の半分を過ごし、研究をし、卒論を書く場所なのでしっかり自分で考えて選んでほしいということです。

また、入りたくないなら入らないのもありです。

別にゼミに入らなかったからと言って就活に不利になることはないと思います。

「とりあえず入れればいいや…」とか、「本当は○○ゼミ気になってたけど○○ゼミの先輩いいとこに就職してるしこっちに入ろう」とかは非常にもったいないです。自分の心の声に正直になってください。

就職に有利だから〜とかそんな小賢しいこと考えなくていいです。○○すべきではなく自分がどうしたいかだけを考えましょう。単純でいいんです!

 

 

商学部のゼミは、データ分析に強いゼミ(太宰先生とか有名ですよ!)管理会計に強いゼミ(長束先生とか)マーケティングに強いゼミ(杉本先生とか)など、各ゼミによってやっていることに特徴があります。

今年はオンラインではなく、先生の研究室に直接行ってお話をすることができます。だからぜひ行って直接話を聞いてほしいです。なんか怖い、面倒くさい、なんて思わずに!

先生と話をするのがなぜ重要かというと、ゼミについて詳しく聞けるということも大きいですが雰囲気や相性について掴むことができるからです。

どんなに自分が興味のある研究をしていて惹かれたとしても先生となんとなく合わなさそうだな〜みたいなのがあります。うまく言語化できないんですけど、

ゼミの雰囲気は先生に影響される部分が大きいと思います。そして集まってくるゼミ生も性格はバラバラでもなんとなく共通点があって全体の雰囲気ができてくる…みたいなところがあると思っています。これ、個人的な見解ですが。

先程言ったように学生生活の半分を過ごす場所なので

合う雰囲気を探すって結構大事です。

ゼミに入ることが叶って、最初は頑張ろう!!となっていても上手く行かないことが重なって気分が少し落ち込んでしまうことだってあります。

そんな時にもし自分と雰囲気の合わないゼミに入っちゃって誰にも相談できなくて…みたいになったら地獄だと思います〜雰囲気本当大事、こればっかりは話してみないと分からないことなのでぜひ研究室に行ってください。

 

また、やりたいことが定まってない人、定まってる人もいろんなゼミをのぞいてみたほうがいいです。

 

せっかく迷ってもいいよっていう時期なので盛大に迷いましょう。

迷ってるうちに「なんとなくここ面白そうだな」とか

「いろんなとこ見たけどやっぱり私は○○がやりたいからここに入りたい!」と自分の中でやりたいことがわかってくると思います。

 

ちなみに私がゼミに入ったのは

「ただ、卒業するために学生生活を過ごすよりも何かやってみたい」

マーケティングに興味あるからその関連のゼミに入りたい」

という非常に曖昧な動機でした〜 ウケるね

あと森田ゼミを選んだのは先生とお話したときに声がスッと入ってきたこと、私も緊張せずお話できたからです!!!

 

 

皆さんがこのゼミ相談の期間に納得のいく答えを見つけよい選択をできることを願っています。

 

それでは幸運を祈ります

 

三年生スタート

 対面がスタートし、ゼミも三年生として新たな舵を切ったので振り返りをします。

 

 

4月からやることは「好奇心が育つ条件とはなんなのか」をテーマとしたグループ対抗研究と、教養。 

私は橋本さんと佐藤さんと一緒にこれからやっていく。お二人共よろしくおねがいします。

 

 

グループ対抗研究をするにあたり、

調査の手段であるフィールドワークについての説明と文献を一部プリントアウトした物を配られた!

研究というのは

仮説を立てて→検証→また新たな仮説→検証の繰り返しということが分かった。

自分は変なところ真面目というか融通がきかない性格だから絶対行き詰まったときに自分が立てた仮説から離れられなくて…みたいなことになりそうだな〜と今の時点で予想できる。

今回このグループワークをするときは、自分の立てた仮設や進め方がちょっと違ったな〜ってなったときに

それに落ち込んだりせず、ギャップを楽しめるようになるのを目標の一つにしようと思う。

 

一回目のゼミではこれからどんな風に研究を進めていくかグループで話し合った。

結構話はスムーズに進んだ気がする!!

 

私達の現時点での計画はこちら。

 

 

①自分が好奇心を持ったものについてマインドマップを作ってグループ内で共有する

 

②それらの結果を踏まえて今後どういう視点にしていくか決める

 

③インタビューワーク

 

という流れ。

 

そして!!配られたプリントの中で佐藤先生の研究事例がとても興味深くて、

少年院の研究にあたり暴走行為をする少年たちに実際に混ざって研究したという内容〜

一見すると相反する立場の人たちにどうやって入っていったのかなぁと純粋に気になった。

私は、2年生のときに文化人類学の授業をとっていたのだけれどそこに「白人の責務」って考えがあって

意味としては「人種や民族には優劣があり、優等な人種が下等な人種を支配するのは当然のことである」

っていう感じ。

それによって「白人の優れた文明を取り入れていない民族は不幸であり、私達は劣っている国を変えていかないといけない」みたいな思想が生まれたり…

 

学者と暴走族、「白人の責務」まではいかないけど

私がその調査をする学者の立場だとどうしても対象の少年たちを不良であり、社会からはみ出してしまった者というバイアスから抜けられない気がするので

 

研究の過程や内容については「暴走族のエスノグラフィー」という本に詳しく書いてるみたいなので早速Amazonでポチりました。

 

あ、これって好奇心だ。

久々に振り返りをするとごちゃごちゃしてて自分の言語化能力の低下を感じます。

リハビリだな

 

では今日はこのへんで。

 

PS.よく行く喫茶店の猫がようやく心をひらいてくれて近くまで来てくれるようになりました。

前まで正面から写真撮らせてくれなかったのに

とても嬉しい


f:id:saori_desu_yo:20210417200018j:image

 

 

 

 

 

新品のアウターにシミができた

 

 私はとても機嫌が悪い2021/04/09午後7時29分現在とても機嫌が悪い。本当ならバイトが終わっていつも行くジムへの足取り軽やか上機嫌なはずなのに…

 

 

それはなぜか。

 

タイトルの通り

新品のアウターに染みをつけた


f:id:saori_desu_yo:20210409193213j:image

この画像をご覧いただけるだろうか。

見事にシミがついている。

私の素敵なテーラードジャケットが…

裏地は桜色で袖口をロールアップしてもかわいい、襟の部分は規則正しいステッチ

ハリのある素材と光沢のある生地

ボタンはべっ甲

カジュアルになりすぎずエレガントなデザインが好きな私にぴったりで

この春大活躍すると思って買ったのに🥺

 

あーーーーもう、3万以上したのに

価格書くと途端にいやらしくなるな、

 

 

 

とにかく新しく買ったアウターに袖を通したらさっそく汚したので萎えている。それはもう激萎えである。

 

激萎えなんだけど私はこの後筋トレが控えている。

この萎えっぱなしの気持ちでトレーニングしたら確実パフォーマンス下がるし、精神衛生上よろしくない、

どうにかして切り替えないと。

 

 

しかもこのクソみたいな出来事

別に誰も悪くないのだ、強いて言うなら私の不注意である。

まあ、やり場のない怒りというやつ。

だから余計腹立つ

怒ってもしょうがないのだがやり場のない萎え感情は怒りに変わりがちなのである。  

 

ツイッターでさながらガンバレルーヤよしこのようにクソが!!!と呟いてもいいのだがクソが!!!の三文字プラス感嘆符ではとてもおさまらないのである。

140文字でも収めることはできない。

 

 

そういえば先日のゼミ合宿で

ポッドキャスト等はリアルタイムの情報と違って累積性があるから、一年後に見返したとしてもその情報の価値は下がらないし、楽しむことができるというお話があった。

 

ブログも累積性のあるコンテンツである。

だから、私は敢えてこの顛末と自分の感情をここに書くことによって、時間が経ったとき笑い話にして

また、自分の不注意を戒めることとする。

 

転んでもただでは起きねーーぞ!!!!!!!

 

 

 

なぜ、こんなことになったかというと時を遡ること七時間前

 

わたしは天神にあるバイト先に向かう前にお昼ごはんを近くのお店で食べていた。

 

基本食べていくんだけど家で料理する時間がないときはいつも外で食べるのだ。

 

今日のバイトは13時入り。

お店に入ったのが12時だから余裕を持って30分にはもうお店出たいから早く食べなきゃ〜とか考えてた。

しかし、料理がなかなか来ない。

そんなに混雑してなかったんだけど… 

遅いなぁ

私は急いでいた。

とにかく早く出るためにもう食べ終わったらすぐに出れるようにしておこう…

と、普段なら脱ぐ上着を脱がなかったのだ。

この選択が後に惨劇を巻き起こすとは知る由もなかった。

 

 

12時20分、料理が運ばれてきた。

そんな今日のメニューはこちら
f:id:saori_desu_yo:20210409195638j:image

 

豚汁とおにぎりと小鉢のとても理想的な和食である。

一汁二菜土井善晴先生もニコニコである。

 

 

そしてこの豚汁に注目いただきたい。

とにかく具材がデカイ。

豚汁というかおでんの具の間違いではないか???ってくらいデカイ。 

ごぼうと人参と豚バラの塊とこんにゃく、さつまいもである。

 

さあ、焦っていた私はどうしたかというと上にある具から順番に食べ始めた。

最初にごぼう、人参、豚バラ…と

 

そしてさつまいもをお箸で掴んだとき事件は起こった。

ホクホクに煮立ったさつまいもは形を崩してお箸から離れたのである。そして、万有引力の法則によって汁につっこみ、その飛沫が私のアウターにかかったのである。油たっぷりの汁が

 

ああ…となったときには遅かった。

私の新品のアウターは汚されてしまったのである。

 

その後の記憶は無いと言ったら嘘になるが

とにかくもう味わう余裕もなく豚汁とおにぎりを無心で口に運んでいた。

 

油のシミは水溶性のシミと違って落とすのが大変。

8割クリーニング行きである。

買って間もない服としばし2週間ほどお別れしなければならないこと、そしてクリーニング代のことを考えると…あーーーあ…

 

 

以上が事の顛末である。

 

そもそも、いつものように上着を脱げばよかったのだ。

時間を気にしすぎて判断力が鈍っていた。

さつまいもが入ってる時点で煮崩れしていると考える想像力も足りなかった。

 

そして

自分を過信していたのである。

そもそも私はそそっかしいほうなんだから

注意してもしすぎることはないのに 

風の強い日に外で煙草に火を付ける時

火がつかなくて焦燥感に駆られてたら髪の毛を焦がしたことだってあったじゃないか。

 

短気は本当に損気だ。

 

 

しかし後悔先に立たず

 

 

この後バイトの業務をしっかり上の空にならずこなした自分を褒めてあげたい。当たり前のことだけれど。

 

私へ、どんなに急いでいても、

食事のときは上着を脱ごう。

そして、煮崩れしやすい食材が入った汁物には気をつけろ、痛い目を見るぞ。

そして、いい加減もう少し気長になりなさい。

 

 

ブログにすると大分落ち着いた。

こんなときに言語化の大切さを思い知らされるとは

これ、今までの記事で一番長いんじゃないかな

 

怒りは原動力って本当かもね

 

というわけでトレーニングしてきます。

 

 

では

 

ps

今回の戦犯は煮崩れた芋にします

ふーーーーんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

浄玻璃?

 すっかり春!ゼミ生の女子が生成り色とかオフホワイトのフレアパンツとかベビーピンクのニットとかネイルで春だなぁ!って思いました🌸🌸💮💐🥀

ホワイトとゴールドの組み合わせは春夏〜って感じ

 

今日は自己分析大会の振り返りをしようと思います。

久しぶりに筆をとるから緊張します。 

筆というかフリックだけど。

 

 ゼミ生みんなでジョハリの窓をやってそのあとモチベーショングラフを持ち寄ろうっていう流れでした。

 

まだまだ対面で話したことはあんまり無くて

みんなのことよく分からないし名前もまだ怪しいけど大丈夫かなぁという不安のもとスタート!!

 

最初はジョハリの窓

ジョハリの窓っていうのは自己分析、他己分析のツールの一つで4分割した紙にそれぞれ

①開放の窓 

②盲点の窓

③秘密の窓

④未知の窓

という項目をつくり、


f:id:saori_desu_yo:20210323161250j:image

まず、この17個の性質のうち5個それぞれのメンバーと、自分自身に当てはまると思うものを書いていく。

 

次に、自分自身で選んだ自分の性質と

他人が選んでくれた性質がかぶってたら①開放の窓

自分では選ばなかったけど

他人が選んでくれた性質は②盲点の窓

自分は選んだけど

他人は選ばなかった性質は③秘密の窓

自分も他人も選ばなかった性質は④未知の窓 

にあてはめていく!  

そして自己分析する!という手順。

 

これって

開放の窓が大きかったら自己認知自己開示ともにする傾向にあるということ

秘密の窓が大きかったら自己開示をあまりしていないということ

盲点の窓や未知の窓が大きかったら自分のまだ気づいていない可能性があるということ

 

なのかな???

 

私が一番大きかったのは盲点の窓だった。

 

根性がありそう、情熱がありそう、社交性がありそう、頭が良さそう、センス良さそう

 

の5項目が盲点の窓に当てはまった

 

頭は良くないけど😂(私の友人が発した車校には入試があるというジョークを最近まで信じていたレベル)

 

自分では思ってもみなかったことを言われるのは嬉しかったというのと、少なくとも第一印象でそう見えたってことはこれからそれが自信を持って言える強みになりうることかもしれない と前向きな気持ちになれた。

 

 

他人のことを書くの、めちゃくちゃ難しかったな!

でも、前に少しだけした自己紹介の記憶なんかをもとに思い出しながら書いてたら割と他のみんなもその人に対して同じこと書いてて面白いと思った。

案外第一印象ってバカにできないのかも😂

そして、そうやって書いているうちにみんなに対して興味も出てきて話も弾み周りを見てみたらどのグループも盛り上がってて、自己分析だけでなく交流という意味でもいい機会だと感じた! 

 

長くなったのでモチベーショングラフは次の記事で。

 

PS.

っていうかジョハリの窓っていろいろ自分のことが明らかになるのと語感から浄玻璃の鏡から来てるのかな〜と思ってググったら全然違いました。ウケる

 

浄玻璃の鏡っていうのは仏教で死後の裁きを受けるときにその人の人となりを見るために現世での良い行いも悪い行いも明るみに映し出させる鏡のことです。

なんかあの閻魔大王の後ろか横にある鏡


f:id:saori_desu_yo:20210323164945j:image

 

これ。

 

ジョハリの窓はジョセフとハリーが考案したからジョハリらしいです。

 

では

 

 

 

 

 

続 くだけられないという話

 昨日2021/01/27の記事の続編です。

 

https://saori-desu-yo.hatenablog.com/entry/2021/01/27/181856

 

発表するラジオの原稿を作ったのはいいけど

なんか固くない?ってなった後日談です。

 

自問自答になってたので、森田先生に一度原稿を見せたら、「原稿もいいけど一回録音して聴いてもらったら?」というアドバイスを頂いた。

 

確かに、私が気になってたとこは

「四角四面過ぎて聴いてる人にとってつまらないんじゃないか」

「固すぎて変な緊張を与えてしまうんじゃないか」.

「自分の言いたいことをただ発表してるだけになってるんじゃないか」という点。

これを言い換えると私は、原稿の内容の善し悪しではなく、聴いた感じの印象について特に気がかりに思ってたってこと。

だから文面ではなくて実際に喋ったものを聴いてみないと改善点もなにも思い浮かぶわけないよな、となんか納得した笑

そして、相談しなかったら「いかに原稿の内容を面白くするか」方面に悩んで、どんどん内に入って

「聴いてもらうユーザー」から思考が離れていくところだった。危ない。

 

 

というわけで録ってみたら新たな発見があった!

 

☆以下箇条書き

ちなみに原稿です↓


f:id:saori_desu_yo:20210128120608j:image

①抑揚を意識するということ

まず、これはラジオの導入だから

特に伝えたいことは、私達がどこの誰であり、なんのためにこのラジオを配信するのかってことと

ゲストを二人呼んでいるってこと。

だから、全部同じ声のトーンでダラダラ話してしまうと聴いててとても退屈だし聞き流してしまうということがわかった。

例えば 「私達のラジオのテーマは、就活についてです。」と話すときは

「私達のラジオのテーマは、(ここまで一息で話す)

就活についてです。」

と就活について〜の箇所をワントーン高く少し大きめな声で発声すると、聴く人も聞き流さないのではないかな〜と感じた。

 

②説明口調になりすぎないこと

説明口調は本当に良くない。

最初、私は

「このラジオは

ゼミの活動の一環で昨年の9月からプロジェクトがスタートしました。テーマは就活、特に就活で重要な自己PRについてです。本日はお二人のゲストをお呼びして質問形式で進めていきます」

みたいな原稿を考えてた。

 

確かにそうなんだけど

そうなんだけど

「ゼミの活動の一環で昨年の〜」とか

長い、長すぎる、しかも書き言葉多っ

音声しか情報がないときにつらつらとした説明口調、書き言葉は耳に入りづらい。

もちろんしっかり筋道を立てて話すのは大事だけれど…

というわけで説明口調は多用するとよくない。

話し言葉で、熟語の言い換えをするとよかった。

 

③名前をしっかり呼ぶこと

 

原稿の最後、ゲストのお二人を紹介して自己紹介に続く流れなんだけど

「それでは、お二人とも自己紹介をお願いします」

より

「〇〇さん、☓☓さん、自己紹介をお願いします」のほうがよいと感じた。

 

ラジオは生放送だから「お二人とも自己紹介お願いします」って言われても、言われたゲストのほうは「え、どっちから?」と戸惑うかもしれない。

それよりは、名前を順番に呼んだほうがその後の流れを作りやすいのではないか、と感じた。

また、名前を呼んだほうが自分一人で喋ってるのではなく、みんなでラジオを作っている、みんなに話しかけているという一体感が出るのではないか、と感じた!ラジオの向こうの視聴者に届けるためにはまずは、話し手側の中でしっかり意思疎通ができて、

雰囲気づくりをすることが大事ってことがわかった!

 

 

以上が新たな発見である。

結局私のくだけられない要因は

一生懸命になるあまり自分以外に他人がいるよっていうことを忘れちゃうからなのかな〜。余裕がないんだよ、余裕が!

 

でも、以前の私なら考え込んで深みに嵌ってたんだけど今回はしっかり疑問やもやもやを言語化しアウトプットすることで、次につながる思考が少しできて、自分が少し成長したように思えて、そこは少し嬉しかった。

 

本番まであと少し時間あるから

もう少しがんばります

 

では

 

 

 

 

 

 

くだけられない!という話

 こんにちは

絶賛ダイエット中のさおりです

冬って冷えるし食欲は謎に増えるし本当に敵

でも、冬って基礎代謝はめちゃくちゃ上がるから

実は痩せやすいんです

というわけで、寒さを言い訳にせずがんばります

最近氷点下になったかと思えば春の陽気になったり

三寒四温てこのことやなーて思います

 

今日はゼミのラジオ番組について

やっといろいろ決まって

30日に収録を控えてます。

 

わたしは最初の導入を話す担当なんだけど

やっぱぶっつけは怖いし絶対ぐだるから

あらかた言うこと決めないとねーと思って

絶賛カンペ作成中です(絶賛てなんかいいよね)

考えた文章がこれ(一部伏せてます)


f:id:saori_desu_yo:20210127181418j:image

 

個人的に悪くはないと思うんだけど

なんか、固いなーと

 

前にFM福岡の方が授業に来てくださったときに

「ラジオは人間臭さが魅力」

っておっしゃってたけど

あんまりその人間くささがない 

自分が話したいことばっか話そうっていう押しつけ

にも見える…

 

 

うーん…

 

フランクになる、とかくだけるって難しい

 

ちょっとラインで皆に見てもらお…

 

というもやもやでした

 

では